読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カツ丼屋すたどんすた

産業廃棄物同然の生活を行っていると精神が下降してきた。兆候は減ってはいるものの多いのは困る。困るので日記を書く。

正月の賑わいの底には大晦日に友達と見た『四十歳の童貞男』のよさがまだ染み付いていて、神社の境内をくぐるときにもアクエリアスの時代なるハッピーなミュージカルの残響が腹に染みている。お神酒を百円で買って、一息に飲み干すも、胸のオリっぽいしがれた感じは消えない。寝不足。午前三時くらいなのに、人いきれのやたら多い元旦の道は好きだ。嫌いだったことも思い出してみるとそれほどなかった。帰りしなに弟の話をされたので数回ばかり憎しみを泡立たせて、つま先立ちで大吉を握っていった。浮かれ上がっている人間を見ると途端にマシンガンとかチェーンソーとか思いつく限りの残虐な武器で残虐に殺そうと思うことが少なくなったのは、おそらくその憎しみが実を結ばなかったせいだ。もっともそれが実を結ぶとはとうてい思えないが。自分の肉体から剥離していく思春期とカッコ付きの名詞を取り出して、眺めてみたものの、別に完全に消えたわけではなくて不安なんぞ当たり前に、先週のゴミを出すのも忘れているとまた部屋は汚くなるし、部屋が汚い人間はそもそも救われることを許されていないし、そもそも救いがほしいのかほうらというような口調は俯瞰するにキツいものがあるから中絶(投稿後付記:そういえば昨日『デスペラード』を見ていて、バーに散らばった死体でグッチャグチャの床をマフィアの下っ端がモップで拭いているシーンが堪らなく沁みた。アントニオ・バンデラスが好き勝手ドンチャカやってタランティーノが脳漿をトイレ裏の小部屋で撒き散らしていても、やはり掃除はしないといけないのだ。あの下っ端たちが掃除をしなければ、世界は瞬く間に死体まみれになってしまう)

ラブクラフトは人間の根源的な感情は恐怖だと言い、ハイデガーは不安だと言ったが、マイナスの幽体がのべつくまなく這いずって台所を汚していくのはかんべんして欲しいし、それこそ光あれの状態だから俺はアウグスチヌスを支持する。がんばれアウグス。ただオイディプス・コンプレックスから副次的に発生する女が欠損を謂するアレ(アレだよアレ)をいま思い出して、そしたらそういう感じなのかなとか思っている。しかしスタミナ牛丼が食べたい。コンビニのゴミを咀嚼するのはなかなか堪える。炊き出しが近づいてきている。マッハで。群れをなして。人間を見たいという気持ちはそれほどない。妊娠検査薬の結果待ちのあの恐ろしいひととき。飯が三度喉元を通らなくなるような心持ち。既存の設定を集めてパッチワークして人間らしさが形成されていくような気がする。二日目の鍋。三日目は白菜が切れて中断。コンソメリゾットに挑戦。ゴミ。豆腐クリームパスタに挑戦。無理やり食べたけどゲロの味がした。鶏もも肉の白ワイン漬け。白ワインはそもそも適していないしいっそフリカッセにするべきだった。リエットは企画段階で挫折。鶏ハム言わずもがな。

振り袖を着ている人間をたくさん見て去年はヤスタカのタダイベント楽しかったな、と思った。等しく午前三時に、親父のポール・スミスのジャケットに、くりくり巻いた頭を震わせながら、新成人団体を見ながらコンビニの前でカップ蕎麦を啜った。恨めしいという気持ちもなかった。ただ漠然とうらやましいなあという気分だけあった。渋谷は寒かった。去年はところどころで渋谷にお世話になることが多かったと思う。渋谷は、俺の吐瀉物と盗まれた金と飛んだ記憶を抱きしめて寝ているに違いない。金だけ返してほしい。