読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷やし中空

冷やし中華を食べる間もないままに夏が終わってしまった。おそらく、これはわが阿頼耶識に保存され、死後多大なる負債として現れるであろう。ゴミを出すのを忘れていた。流しはまだ掃除していない。おそらくこれも。巨大なぶっ飛んだスパンで構築されているなにがしかさんによって日常の一切の行為は記述されているに違いないと時たま妄想にふけることがあるが、庚申会のことから見てもけっこうみんな考えているものっぽい。思春期に置いてきた負債をどうやって処理するかが人間のほとんどが思いつきそうな幸福実現法だとすれば、ファウスト博士の行為なんかはとても直截に時間遡行などという手段でもって行われているわけだからなるほど、なるほど、となる。憎しみきっていた我が身をどれくらいのかたちで、冷やし中華に対しての物惜しみくらいにいとしく思えるかというところがないと成功しないような気はする。夏にあったことを書こうとしていたらぜんぶなくなってしまった。いつか食べたことのある冷やし中華の味を必死に思い出しているところ。

自分の身体に張り付いているものは時間を通してだんだん魂に染みこんでいくのだが、幻肢痛というやつがたとえばそういうもので、あと何日も手に触れていない楽器に対して行われるように、魂として保持するということがある。自分の身の回りになるだけ他人を置いておくような生き方は、別にひとりでもできるということで、そのあいだというものこそをどうにかしないとヤバそう。台所並に。受話器と電話機のあいだの接合、男性器と女性器の接合部分、回転する自動ドアに挟まれて死んだこども。切手が明かすのは、通信に常に犠牲が伴うということであり、人間関係はたいへんということではなく、魂同士の連関は川と岩の関係に似ているということ、玉のように磨かれる中でどれだけのものを失ったかということ、むかしは毎年食べていたはずの冷やし中華をもはや食べなくなってしまったということ、その途端に冷やし中華が憤怒相を形容するということ、怒り心頭の冷やし中華がさまざまな責任を要請するということ、それは俺が冷やし中華と対峙するときにしか行われ得ず、あいだにおいてのみ行われるということ。季節の色合いを覚えてしまうと何度も何度も季節を更新してしまうことにはなるまいか、だから銀杏とかは嫌い。というか臭い。こまかく千切った百円のハムのように時間を細切れにしてしまうのは、神がそうはしていないのだからするべきではないのだろう。ものに座標を明け渡してはいけないのだろう、ということで掃除も別にしなくていいのだろう、憤怒相の冷やし中華は俺が時間を保持していること自体への負債で、これから何度も冷やし中華を食べなければならないという要請の現れ。無限に冷やし中華を食べる宇宙軸に位置してしまったからこんな目に遭う。麺類の異様さに耐えなければならない。麺類の不安も抱え込まなければならない。