読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

居酒屋で忘れた煙草のラスイチに

ほら、その、もう少し下らへんというか、下降している感じみたいなものがあって、そいつらは頻りに信号待ちくらいで、刺してくる。学者の地層を眺めるときの目付きと、片眼鏡の奥で光る瞳孔の、その間に立ち尽くしている倦怠、まなざしへの、メザシの唐揚げが旨い、早贄まで飛んでみて、腐らせてしまった多くの鶏肉にクセジュを投げ掛けて、メダカを目下見ているんだけど、目があったときに鋭角だとおもう。先端恐怖症の友人に煙草を近づける悪趣味は、昨日した。今度はメダカを近づけてみよう。数年前、女がラーメンを鼻から出しているのを眺めてから「胃下垂で」と彼女が弁明するのを聞いた、おそらくどちらも同じことだ。ホッピー中。絶えずデラウラ、はその生涯を汚れたシーツを洗うのに費やしたが、水を吸って潤沢に跳ね回るシーツに女の影を見たのだろうか?火炙りにされた狂犬病の女にとり憑いたものどもは、火によってその威厳を失い、あと肉汁を放つ。ハラミください。用心深く見張ることだ、いいな、串の先端部の焦げ付きからそいつらは染み出してるかも知れない、宇宙と呼んでもいいかもしれない、ウェルズの海底が奇しくもその色として似るような塩梅で、魂の焦げ付きが至るところに張り巡らされているに違いない。てんでばらばらだ。統一感を伴って?お会計で。交差点で立ち止まって後ろに振り向いて手を振り何かを暗示する女を見た、俺は後ろを見たが誰もいなかった、「ここから」、なんて言ってるのかぜんぜん聞こえなかった、三回目で狂ってるのだろうかと思ったら、素っ気なく向こうの通りに入ったらその暗示をやめて、カーキ色のダウンジャケットの右裾をぶら下げながら女は消えていった。数秒もするともののみごとに雑踏で、うすら寒かったので地下鉄のホームで暖でも取ろうと思った。何人かと目が合ったが、そのままみんないなくなった。